日本顕微鏡学会認定医顕微鏡歯科|根管治療|東横線・目黒線「武蔵小杉駅」徒歩1分
完全予約制TEL.044-711-8241

歯科用顕微鏡が必要なケース

歯科用顕微鏡が必要なケース

どんな方でも、できればむし歯や歯周病の治療をしたくない、もしくは治療したらできるだけ長持ちさせたい、ましてや抜歯になって入れ歯やインプラントなど絶対やりたくない、と思われているのではないでしょうか。

岡野歯科医院では、まずご自身の歯を残し、できるだけ長く使っていただけるための治療方法を提案いたします。そして、治療に関してもできるだけ削らず、切らず、抜かないことを第一に考えて治療計画を立てます。

また、むし歯で詰め物や被せ物をしたところは、歯と被せ物や詰め物のつなぎ目にバイ菌がたまりやすくなり、そこからむし歯が高頻度で再発します。
そのため当院ではむし歯の再発率を下げるため、詰め物と歯をできるだけ拡大して、つなぎ目を最大限に合わせ、バイ菌をたまりにくくし、歯を長持ちさせるように努力しています。
入れ歯やインプラントは最後の手段です。まずは、ご自身の歯をできるだけ使っていく治療を提案いたします。

顕微鏡歯科治療は以下のような方にお勧めしたい治療方法です。

歯の根の治療が治らない

歯の神経の治療を繰り返しても、膿が溜まってしまう、もしくは痛みがとれないのは根管治療が十分でない可能性があります。治らない原因は必ずありますので、その原因を精査する必要があります。

当医院では

歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)で神経の中を拡大し精密な根管治療をします。

通常、肉眼では神経の中は狭く暗くて見えません。根管内を拡大して治療することにより神経の先端まできれいに消毒し汚染物を残さないように丁寧に治療します。

詳しくはこちら
歯の根の治療が治らない

インプラントをしたくない

『インプラントしかない』と言われた方で、できるだけ歯を抜かずインプラントではない治療をお望みの方は、セカンド・オピニオンとして、診査・診断いたします。抜歯をしたら、もうその歯は生えてきません。正確な診断と高度な技術によって抜歯を免れる場合があります。

当医院では

CTと歯科用顕微鏡を組み合わせた正確な診断と精密な治療で残せる歯もあります。

(ただし、根が割れている場合、割れ方によっては抜歯となります。)

歯の神経の通り道は複雑に枝分かれしていたり、湾曲していたり、肉眼ではほとんど見えていません。さらにレントゲン写真のみでは、根管の形態や病巣の有無・大きさを判断することは難しく、CTの画像で立体的に精査することにより正確な診断ができ、治療の成功率も上がります。また、根が割れていて抜歯なった場合、患者さんの希望で、インプラント治療が必要になった場合、CT画像から顎や骨の状態を把握し、インプラントの埋入位置などをシミュレーションすることができます。

詳しくはこちら
インプラントは嫌だ

歯周病を治したい

歯の表面、またはポケットの中に付着している歯石が取り切れていない場合その歯石が歯周病の原因になります。状況によっては、抜歯せずに歯を温存できる場合もあります。

当医院では

ポケット内の歯石を、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)で確認しながら取り残しのないように除去します。

歯周病はそのままにしておくと、どんどん進行し、いずれは歯が抜けてしまいます。ポケット内の歯石をきれいに取り除きポケット内を清潔に保つことによって進行を抑えることができます。

詳しくはこちら
歯周病を治したい

歯を削りたくない

むし歯を繰り返すと治療のたびにどんどん歯が削られていきます。できるだけ、歯を削りたくないと考えている方は、むし歯を繰り返さない口腔内にできるよう、根本解決に努めます。また、詰め物や被せ物が歯とぴったり合っていないと隙間ができ、そこからむし歯菌が侵入し再発します。

当医院では

むし歯の再発を抑える精密な詰め物や被せ物を提供します。

患部を30倍に拡大して確認しながら治療するので、削る量は最小限で済みます。また、詰め物や被せ物は歯にぴったり合わせる事ができる為、むし歯の再発を防ぎます。

詳しくはこちら
歯を削りたくない

役立つ歯のコラム

  • 2018
  • 10/02

詰め物や被せ物が外れるのは何・・・

詰め物や被せ物が外れてしまった経験はありませんか? 本ブログをお読みになっている皆さんの中で、折角詰めた、『詰め物や被せ物が外…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 9/20

連載「歯科医療の革命~顕微鏡・・・

HEALTHPRESS(ヘルプレ)に寄稿しました。以下、許可をいただき転載しておりますので、是非およみください。以下、こちらより転載…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 9/20

根管治療の成功率を高める4つ・・・

高価な被せ物をすることと根管治療の成功は関係ありません 一般的に、歯の神経の治療を『根管治療』と言います。当サイトでも、何度も…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 9/03

【適合】むし歯が再発してしま・・・

以前のブログで、『【虫歯再発の転帰】再発してしまったら歯はどうなる?』という記事を書きました。 今回は、むし歯の再発の主な原因として、…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 8/30

【虫歯再発の転帰】再発してし・・・

むし歯の治療後でも安心はできません これまでに、一度もむし歯治療をしたことの無い方は、いらっしゃいますか? 多くの方が歯科医院に…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 7/31

CTスキャンは根管治療の診断・・・

診査・診断にかかせないX線検査 診査・診断でかかせない検査である、体の内部を透視して病気の診断の扶助になるX線検査(レントゲン撮影検査…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 7/18

お口の中は大地震!?歯や歯茎・・・

睡眠時ブラキシズムとは 皆さんが物を食べる毎に咀嚼をします。当然のことながら、咀嚼時には歯に縦や横方向に、応力(負担)がかかっています…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 6/20

当院の歯周病治療の基本的な考・・・

軽んじられる『歯周病』という病気 永年、歯科医療に携わってきた歯科医師として残念に感じている事があります。 それは、歯周病と…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 6/20

歯周病は、歯を抜く原因の50・・・

歯周病の主な原因と修飾因子 8つ 歯周病は、歯の抜歯の原因のナンバーワンです。 歯周病による抜歯は40代前半から増え始め、6…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 6/07

ラバーダム防湿は何故必要なの・・・

ラバーダム防湿法は、海外では当たり前 皆さんは、「ラバーダム防湿」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか? 全く聞いたことが無い…

詳細を見る
詳細を見る

お知らせ