2017

4/18

第14回日本顕微鏡歯科学会参加

第14回日本顕微鏡歯科学会に参加しました。

今年は、東京の一ツ橋講堂にて4月15日・16日で行われました。内容は、根管治療・インプラントの発表が多かったです。海外からの演者も数名いました。

ただ、顕微鏡治療は知識を増やす事も大事ですが、もっと大事なのは顕微鏡治療を実践し続ける事です。顕微鏡治療は、知識がある、機材があるだけではできるようにならないのです。

自分の目の前の患者さんの治療に、常にどれだけ真剣に向き合えるかが上達の第一歩です。妥協せず、真剣に向き合う、それが顕微鏡治療に一番求められると事だと日々思いながら診療にあたっています。