2021

9/02

【お悩み相談】Q1.毎回、同じ所の詰め物が外れます

以前より皆さんから頂く歯に関する不安やお悩みについてブログを通じてお答えさせていただけたらと思い、この度「お悩み」と、その解決法の提案についてコラムを書きました。

詰め物が外れる

  • お悩み

歯の根が砕けやすいQ1.毎回、同じ所の詰め物が外れます。治療する度に歯が削られどんどん詰め物が大きくなっていくため、歯が無くなっていくことに不安を感じています。どうしたらいいでしょうか?
(一般:20代:女性)

回答:精度の良い詰め物をしてくれる歯科医に相談すると良いでしょう。

詰め物をし直しするごとに確実にご自身の歯は削られて小さくなっていくので、できるだけ詰め直しはしないことが大切ですね。

何度も治療をし直すうちにご自身の歯はけずられ、最後には被せ物でさえできなくなり抜歯せざるを得なくなることもあります。

詰め物が外れる原因は、いくつか考えられます。

歯ぎしりによって過剰な力が歯にかかっている。

詰め物の深さが浅く接着面積が少なく、接着が剥がれやすい。

詰め物の精度が悪く、歯と詰め物が合っていない。

詰め物自体の素材の強さがない。

詰め物の接着剤がうまくくっついていない。

などがあげられます。

歯ぎしりによって過剰な力が歯にかかっていると、接着が剥がれたり、歯が欠けて隙間ができたり、その隙間からむし歯ができたりします。いずれも詰め物を留めている接着が弱くなり詰め物が外れてきます。

対策としては、(1)日中咬合癖を気をつける、(2)ナイトガードを装着する、(3)夕食以降の炭水化物・飲酒を減らす、などがあります。

血糖値の上昇により分泌されたインスリンが過度に血糖値を下げ、就寝中の低血糖を上げようとしてコルチゾールやアドレナリンが分泌されます。その結果交感神経が興奮し歯ぎしりが起こるとも言われています。

詰め物の深さが浅いと接着面積が少ないので接着力が弱くなります。そのため、接着剤の力を発揮させるためには必要な深さが必要になります。

さらに、詰め物の精度が悪く、歯と詰め物が合っていないと、接着部に隙間ができてむし歯が再発します。再発に気が付かないまま過ごししまうことも多く、時間をかけて重篤化し詰め物が外れてきます。

最悪、抜歯になってしまうので要注意ですね。

重篤化する前に早く見つけて、歯にピッタリ合わせて詰め物を入れ直すことが必要です。精度の良い詰め物をしてくれる歯科医に相談すると良いでしょう。

詰め物の強さがないと詰め物が欠けて外れたり、詰め物と歯の間にやはり隙間ができてむし歯が再発し詰め物が外れてきます。

型採りで作る詰め物は精度の良いものが材質的に限られているので、その中から詰め物の材質を選択し直すことになります。型採りで作る白い詰め物は材質的に歯にピッタリ合わせにく(精度が悪い)、また欠けやすいので、金属アレルギーが無ければ強度や精度の面で金属製の詰め物がお勧めです。精度の高い詰め物を作る歯科技工士さんも必要となります。

詰め物の接着剤がうまくくっついていないと、長期的に隙間からむし歯が再発し詰め物が外れてきます。しっかり歯に接着するためには、まず歯にむし歯を残さないこと、接着時に唾液や歯肉からの出血・浸出液の侵入に気を付ける必要があります。むし歯が残っていたり歯茎から出血や浸出液があると接着剤は接着しませんので、当医院では顕微鏡で確認しながら慎重に治療を進めています。

詰め物が外れるのは、患者さんご自身では気づきにくいところも多いので、歯ぎしり対策と詰め物の精度を大事にしてくれる歯科医院にご相談することをお勧めします。