日本顕微鏡学会認定医顕微鏡歯科|根管治療|東横線・目黒線「武蔵小杉駅」徒歩1分
完全予約制TEL.044-711-8241
Slide 1
根管治療・被せ物治療・歯周病治療

インプラント治療や入れ歯をしたくないという方へ
自分の歯を使える所まで使いたいと考える方へ
諦めずに当医院にご相談ください。

OKANO DENTAL
歯科顕微鏡
Slide 4
根管治療・被せ物治療・歯周病治療

インプラント治療や入れ歯をしたくないという方へ
自分の歯を使える所まで使いたいと考える方へ
諦めずに当医院にご相談ください。

OKANO DENTAL
歯科顕微鏡
歯の根の治療が治らない

何回も根管治療をしているが、膿が取れない。根管治療が完治しない。

Slide 2
根管治療・被せ物治療・歯周病治療

インプラント治療や入れ歯をしたくないという方へ
自分の歯を使える所まで使いたいと考える方へ
諦めずに当医院にご相談ください。

OKANO DENTAL
歯科顕微鏡
インプラントは嫌だ

他院で『インプラント治療しかない』と言われたけれど、インプラントは嫌だ。

Slide 3
根管治療・被せ物治療・歯周病治療

インプラント治療や入れ歯をしたくないという方へ
自分の歯を使える所まで使いたいと考える方へ
諦めずに当医院にご相談ください。

OKANO DENTAL
歯科顕微鏡
歯周病を治したい

絶対に入れ歯になりたくない。できれば歯を抜きたくない。

Slide 5
根管治療・被せ物治療・歯周病治療

インプラント治療や入れ歯をしたくないという方へ
自分の歯を使える所まで使いたいと考える方へ
諦めずに当医院にご相談ください。

OKANO DENTAL
歯科顕微鏡
歯を削りたくない

虫歯を繰り返していて、どんどん歯が削られていく。もう歯を削りたくない。

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

新型コロナウイルス感染症対策について

『新型コロナウイルス感染症の院内感染リスクの低減のため、歯科治療時にはラバーダム防湿を行う事が推奨されています。当院では、歯周病治療を除くほぼすべての治療でラバーダム防湿を行っています。』

日本顕微鏡歯科学会認定医・顕微鏡歯科ネットワークジャパン認定医

CT&顕微鏡歯科治療

院長

全国で14名の歯科医師のみ 日本で最も厳しい顕微鏡歯科基準をクリア

顕微鏡歯科ネットワークジャパン認定v-Super Dentist ・日本顕微鏡学会認定医

岡野 眞

当医院は根管治療の成功率の向上を常に目指しています。

岡野歯科医院は、40年以上に亘り、神奈川県川崎市の武蔵小杉駅前で診療を行ってまいりました。祖父の代から地域の歯科医療に携わり、私で三代目になります。


この40年の歳月の中で歯科治療技術や治療材料も進歩・発展してきましたが、現在の日本の根管治療の成功率は未だに低いのが現状です(日本の根管治療の成功率は、30~50%です ※データ根拠はこちら)。
そのため、根管治療が上手くいかずに抜歯されてしまい、インプラントや義歯(入れ歯)になってしまうケースが後を絶ちません。

当医院では、まずは、歯を残し、長持ちさせる事を最優先に考えています。そのために治療用顕微鏡や歯科用CTを駆使し、根管治療のみならず歯周病など全ての歯科治療成功率を上げ、ご自身の歯を少しでも長く使えるように心がけた治療をしています。

年々進歩してきたはずの歯科治療の中で、歯の根っこの治療(根管治療)の成功率は低いままです。それは、どういうことを意味するのでしょうか? 現在一般的に行われている根管治療では治しきれていないということです。残念ながら、これが保険診療の限界なのです。

そのため現在の状況を打開すべく、当医院は、治療の成功率を大幅に上げるため、数年前に全ての診療を保険診療から自由診療へきりかえています。保険の制約の無い治療にきりかえたのです。
その結果、実際に、当医院の根管治療の成功率は向上いたしました。 その理由は、

  • 歯科用顕微鏡を全ての行程で、高倍率で使用
  • 一日の治療人数を制限することで、一人の患者さんに1~2時間の治療時間を確保します
  • 歯科用CTによる根管の三次元的な解析
  • 根管治療時には、100%ラバーダム防湿を行います
  • 世界基準の治療技術と最新の薬剤を使用
  • ただ、「治療を行う」だけではなく、「治療後も長持ちする」ことを第一に考えて診療します

更に、世界で顕微鏡歯科治療に最も適していると言われている歯科用顕微鏡2台(いずれも、Carl Zeiss Pro ergo)、根管治療用CTの完備など、治療設備は世界基準を遥かに超えています。 最新の設備と経験に基づいた確かな技術で時間をかけ治療することは、何よりも歯を残したいと願う患者さんのためなのです。 まずは、当医院の治療方針をご覧ください。 (「本気で治したい方へ」ページへ

本気で治したい方へ

できるだけご自身の歯を残したい!そう思われている方が、このホームページを見ている事と思います。 当院では、ほぼ全ての治療に顕微鏡(マイクロスコープ)を使用し、本気で根管治療、歯周病治療および詰め物・被せ物治療を行っています。 下記のようなお悩みがある方にお勧め出来る治療です。

削りたくない

歯科顕微鏡で拡大して診るため 歯の削る量を最小限に

切りたくない

歯肉を切らない 歯周病治療が可能

抜きたくない

根管がはっきり見え 根管治療の成功率を高める

根管治療が完治しない 何回も根管治療をしているが、膿が取れない。根管治療が完治しない。 詳細
インプラントにはしたくない 『インプラント治療しかない』と言われたけれど、インプラントはしたくない。 詳細
歯を抜きたくない 絶対に入れ歯になりたくない。できれば歯を抜きたくない。 詳細
歯を削りたくない 虫歯を繰り返していて、どんどん歯が削られていく。もう歯を削りたくない。 詳細

歯科用顕微鏡が必要な理由

日本の根管治療の成功率は、30~50%、これを変えたいと思っています。

当医院で行っているマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた歯科治療(根管治療・歯周病治療・むし歯治療)は、通常の保険内の歯科治療とは、その精密さや、成功率において全く違う治療とお考え下さい。
但し、この治療は重症な患者さんを対象にした治療ではなく、ご自身の歯を残したい人・大切にしたい人、誰もが普通に受けていただきたい治療です。

最近では、歯科用顕微鏡を導入した医院も増え、一部保険内で顕微鏡治療を行っている医院もあるかもしれません。
顕微鏡治療をきちんと行うためには、高倍率での治療が必要ですが、実際は低倍率のまま治療をしているところも少なくないのです。顕微鏡を使って治療する目的は、きちんと患部を拡大してより確実な治療をすることです。
高倍率で治療をすればそれだけ精密になり、時間も必要になってきます。当然、保険内では対応しきれないはずです。

当医院では、しかるべき材料を使い、高倍率で患部を視認し、しっかりと時間をかけて高精度の根管治療、被せ物治療を行っています。結果、長い目でみたときにインプラント、義歯にならないよう、口腔環境を改善・維持することが可能になるのです。
すべては、再発を防ぎ、患者さんがこれから先、末永くご自身の歯を使っていただくための治療なのです。

1

根管治療(歯の神経治療)

根管治療 (歯の神経治療)

根管治療の再治療を無くす

日本の根管治療の成功率は、30〜50%、アメリカでの根管治療の成功率は90〜95%です。 当院では再治療にならない根管治療を行います。 詳細

2

詰め物・被せ物治療

むし歯治療 (詰め物・被せ物治療)

生命線は適合

詰め物・被せ物治療の生命線は『適合』です。ぴったり合わなければ、何度もそこから細菌が入り込み、虫歯になります。当院では適合精度にこだわります。 詳細

3

歯周病治療・再生治療

歯周病治療・再生治療

徹底した歯石除去

歯周病治療のポイントは徹底したプラーク・歯石除去です。歯科用顕微鏡を使って、歯周ポケット内に隠れたプラークや歯石を除去します。再生療法も行います。 詳細

4

歯科検診

歯科検診

小さな変化も見逃さない

暗くて見えにくいお口の中も、マイクロスコープで拡大すると、細かな部分まで鮮明に見ることができ、より確実な歯科検診が可能になります。 詳細

インプラントや義歯(入れ歯)をしたくない方はご相談ください。

昨今、ブリッジや義歯に加えてインプラント治療などの、歯が抜けた後の補填処置の選択肢が増えてきました。
多くの患者さんは、歯が抜けた後の欠損補充にインプラント治療を受ける事にも抵抗がなくなってきているような気がします。しかし、インプラント治療に関してもインプラント周囲炎などのトラブルが盛んに取り上げられるようになってきおり、完全な治療方法ではないのです。

本来、歯が抜けてしまうことが異常な事なのです。不安なインプラントや義歯を入れないで済むように、まず歯を残す努力をする事が歯科医師の使命だと私は考えています。マイクロスコープを使った治療がそれを実現する最良の治療です。

インプラントや義歯(入れ歯)を入れたくない方は、是非ご相談ください。( 顕微鏡歯科治療ページへ

正しく知ってほしい!役立つ歯のコラム

診療カレンダー

読み込み中... 読み込み中...