岡野歯科医院
日本顕微鏡歯科学会認定医顕微鏡歯科治療|根管治療|マイクロスコープ|武蔵小杉駅徒歩1分完全予約制・自由診療TEL.044-711-8241
役立つ歯のコラム 役立つ歯のコラム

歯の神経を残す治療の流れ

歯の神経を残す治療の流れ

歯の神経を残す治療は通常、むし歯が大きく、むし歯除去時に偶発的に神経が露出したような歯の神経への細菌感染が少ないケースに主に用いられましたが、近年は完全に歯の神経へ細菌感染しているケースでも、すぐに神経とらずに歯の神経を残すことをトライするようになりました。
歯の神経を残す理由は、まず神経をとる治療(抜髄)は成功率が100%ではないので、どうしても歯の根の先端に膿の袋(根尖病変)ができてしまうケースがある、歯の神経がない歯は神経がある歯に比べて歯の根が割れやすい(歯根破折)、歯の神経をとられた歯は黒っぽく変色することがあるなど、神経がない歯は様々なトラブルを起こし始めるためです。神経をとられることで歯の寿命は確実に短くなるので、歯の神経の価値はプライスレスと考えても良いのです。

当医院は根管治療に力を入れていますが、歯の神経を残す治療も重要と考えています。そして、詰め物や被せ物の適合にこだわるのも、むし歯の再発から歯の神経をとることに繋がるのをできるだけ防ぎたいからです。

また、顕微鏡を高倍率で使うことにより細部までむし歯を残さない、さらに隔壁を作成してラバーダム防湿ができるようにし、唾液からの神経への細菌感染を防ぎながら治療することにより神経を残す成功率を高めています。

※本ケースは、あくまでも治療の流れをイメージしてもらうためにまとめた一般的な治療の流れです。患者さんの個々の状況により、治療内容に多少の差異が生じますので予めご了承ください。

初回カウンセリング

01

  • 検査
  • 治療方針の決定
  • 約60分

問診でお口の問題をヒアリング初診当日はカウンセリングとなります。
① 問診表の記入:問診表の記入と院長による問診を行います。
② マイクロスコープ検査と診断:問診内容を確認の上、歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)による口腔内の検査。 必要に応じて、レントゲンまたはCTの撮影をいたします。
③ 治療計画および治療内容のご説明:検査結果をもとに、口腔内の状況の説明、主訴の部位の治療方法のご説明、治療費の概算をお話しいたします。 診断結果により、症状によっては応急処置または投薬をいたします。
※治療期間、費用等、患者さんと相談の上、治療方針を決定いたします。その後、次回の治療予約となります。

隔壁作成

02

  • 動画解説あり
  • 約60分

隔壁作成まずは、隔壁を作成します。隔壁とは、唾液から根管への細菌感染を防ぐためと、根管治療で適切な薬剤を使えるようにするためのラバーダム防湿を行う為に作成する「壁」の事です。壁を作ることで、この先の治療が安全に確実に行えるようになります。なお、「隔壁作成」前に、被せ物・詰め物・土台・裏 層の除去が必要なことがあります。
「隔壁作成」については、YouTubeにて動画解説していますので、こちらを御覧ください。(動画解説

歯の神経を残す処置(覆髄)

03

  • 約60分

歯の神経を残す処置(覆髄)歯の神経が露出しても口腔内の細菌が歯髄に入り込まないように、ラバーダム防湿を設置し、残されていた神経に近いむし歯の完全な除去を行います。神経が露出した場合、露出部からの出血が収まればMTAセメントで露出部をカバーします。露出部からの出血が治らない場合は、歯の神経の炎症がかなり強いと判断し、断髄または拔髄に移ることもあります。

※むし歯除去後、歯髄の露出部のみを薬剤で封鎖し歯冠の多くの歯髄を残す処置を、直接覆髄と言います。歯冠部歯髄を除去し根管口から下の歯髄を残す方法を断髄と言います。

YouTube 岡野歯科チャンネル

支台築造・仮歯作成

04

  • 土台作成
  • 仮歯作成
  • それぞれ約60分

支台築造・仮歯作成痛みの状態とMTAセメントが硬化しているのを確認し、コンポジットレジンで支台築造を行い、必要に応じ仮歯を装着し経過観察に入ります。

治療判定

05

  • 約30〜60分

検査結果の報告はその日のうちに数ヶ月経過をみたのち、症状が無いのを確認して最終補綴にかかります。
経過観察中に痛み等の症状が悪化した場合は、拔髄(根管治療)にかかります。

正しく知ってほしい!
役立つ歯のコラム

  • 2022
  • 5/06

根管治療を終えた歯には精度の…

根管治療の後は、その上に被せ物治療を行います。このブログでは…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2022
  • 2/21

詰め物・被せ物治療を繰り返し…

『むし歯になったら歯科医院で治療すればいいや』と簡単に思って…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2022
  • 1/05

根管治療を成功させるために必…

再根管治療は逆に治癒する条件が悪くなるので、根管治療は一回目…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2019
  • 4/15

口腔乾燥(ドライマウス)とむ…

年齢を重ねるにつれて伴ってくるお口の乾燥によって発症、また進…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2019
  • 3/12

ストレスと歯周病の関係

歯周病を増悪させる危険因子として、3つのリスクファクター(危…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2019
  • 2/13

“歯「磨き」”は、もうやめまし…

「歯磨き」という言葉は、歯を研磨するというイメージは無いでし…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 12/26

静かに忍び寄る歯周病への対処…

歯を失ってしまう二大原因は、むし歯(う蝕)と歯周病です。特に…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 10/02

詰め物や被せ物が外れるのは何…

折角詰めた、『詰め物や被せ物が外れてしまった!』という経験を…

詳細を見る
詳細を見る
  • 2018
  • 9/20

連載「歯科医療の革命~顕微鏡…

HEALTHPRESS(ヘルプレ)に寄稿しました。以下、許可…

詳細を見る
詳細を見る