2018

8/30

【虫歯再発の転帰】再発してしまったら歯はどうなる?

記事概要

『むし歯治療で詰め物や被せ物をしたので、もうひと安心!』と思っていませんか?しかし、安心するのは早いのです。実は、詰め物・被せ物は、完成した後がとても重要です。詰め物・被せ物が歯にピッタリフィット(適合)していないと、歯と歯のつなぎ目には細菌が溜まります。そこからむし歯が再発してしまいます。本ブログでは、むし歯が再発した後、歯がどうなるかについて大切なポイントについて説明します。

むし歯の治療後でも安心はできません

これまでに、一度もむし歯治療をしたことの無い方は、いらっしゃいますか?

多くの方が歯科医院にてむし歯治療をした経験を持つと思います。そんな中、皆さんは、『むし歯治療で詰め物や被せ物をしたので、もうひと安心!』と思っていませんか?むし歯治療が終わったので、全て完了!と思いますよね。実は、むし歯治療が終わった後も留意しておいて欲しいことがあります。

むし歯の修復治療には、詰め物と被せ物があります。これらの治療は、むし歯を削り取って除去した後、欠損した歯の形を修復し、むし歯になった歯をできるだけ元の歯に近い状態まで形態や機能を回復させる処置です。

これらの治療は、古くから当たり前のように行われ、皆さんに周知されている治療です。いつも通り、詰め物や被せ物が完成したら、「ハイ、終わり」「一安心」と思う方がほとんどだと思います。

しかし、安心するのは早いのです。実は、詰め物・被せ物は、完成した後がとても重要なのです。

お口の中の歯を取り巻く環境は実に過酷です。

日々、歯には噛み合わせの負担が強くかかります。さらに、お口の中は常に温かく、食べ物等の栄養分が常に入ってきますので、細菌が繁殖するのには最適の場で、常に多くの細菌が存在しているのです。

ここで気をつけていただきたいのが、むし歯の治療の際の、詰め物や被せ物の精度です。詰め物・被せ物が歯にピッタリフィット(適合)していないと、歯と歯のつなぎ目には細菌が溜まります。通常の健康な歯には、つなぎ目などはありません。だから、つなぎ目に細菌が溜まってむし歯にになるということは起こらないのですが、人工的な歯の修復物である詰め物・被せ物は、歯と詰め物・被せ物との境目に『段差や隙間』という、細菌がたまる巣ができてしまうという問題を引き起こしてしまいます。その結果、「歯と詰め物や被せ物との繋ぎ目」からむし歯が再発してしまうのです。

つまり、簡単に言い直せば、詰め物や被せ物をした後、今度はむし歯の再発に怯えなければいけないことになるのです。また、むし歯のリスクが高い人ほど再発しやすく、進行が速いう思われますので、更に注意が必要です。

歯の神経が残っている場合、詰め物・被せ物のつなぎ目から再発したむし歯は、更に歯の中心方向に入り込み、詰め物・被せ物の下で広がります。

歯は、むし歯の治療でもう既にかなりの量を削られており、詰め物・被せ物と歯の神経の距離は近い状態です。詰め物・被せ物の下で広がったむし歯は、歯の神経にすぐに到達しやすくなります。なので、詰め物・被せ物をした後のむし歯の再発は怖いのです(下図)。

むし歯予防は、再発させないことがベスト!

一般的には、むし歯の再発は歯の定期検診で早期発見すること、そして、早めに再治療することが大切だと言われています。

しかし私は、個人的には、早期発見・早期治療より『詰め物・被せ物をした歯に、むし歯を再発させない』ことをまず考えるべきだと考えています。

一般的に、詰め物・被せ物をした歯のむし歯の再発の予防が、簡単ではなく上手くいかないために早期発見・早期治療という考え方になってしまうと思っています。結局、治療になってしまえば、また歯が削られ失くなっていってしまいます。

単純に、むし歯部分を削って詰め物や被せ物をしただけでは、むし歯のリスクは変わりません。その歯がむし歯になってしまった原因を診断し、原因を明確にしてからむし歯治療を進めないと、すぐにまた、治療後にむし歯が再発してしまうかもしれません。

むし歯の原因は、個々の人によって異なります。なんらかの原因で唾液が減少しているかもしれませんし、元々の歯ブラシの掛け方が間違っているのかもしれません。生活習慣にも問題があるのかもしれませんし、詰め物や被せ物のフィット(適合性)が悪いのかもしれません。

個々の人に合った方法で予防していくためには、全差万部の原因を突き止め、大元の原因を取り除くことが必要です。

その中でも特に詰め物・被せ物のフィット(適合性)は、重要です。海外の文献データでは、定期的な歯の検診・メインテナンスを受けた患者でも、新たにお口の中にできたむし歯の80%が「歯と詰め物・被せ物とのつなぎ目」にできたむし歯の再発だったと報告されています。
(参照文献 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=J+Clin+Periodontal+2004%3B+31%3A+749-757+doi%3A+10.1111%2Fj.1600-051X.2004.00563.x

歯を長持ちさせるために、まずはむし歯の原因を理解しておくことも重要だと思います。

むし歯が再発してしまったら

以上のように、私達歯科医師は、ほぼ毎日のように詰め物・被せ物の周りに再発した、むし歯治療のやり直しをしています。

むし歯が再発したら、また治療すれば元通りになるのだから、そんなに心配しなくていいと思われがちですが、そうは簡単にはいきません。

むし歯の再発治療では、以前のむし歯の治療で既に歯が削られていますので、詰め物や被せ物をする前の歯の状態より歯は更に大きく削られて失くなってしまいます。つまり、再発するたびにどんどん自分の歯がなくなってしまうということです。

先ほどお話したように、歯の神経が残っている場合は、むし歯が詰め物や被せ物の下で広がり、歯の神経に近づきやすく、それがもとで歯の神経に細菌が感染して、歯の神経が傷んだり腐敗したりします。いずれも歯の神経の治療が必要となります。

さらには、歯の神経を既に抜かれている歯の場合、むし歯が進行しても痛みが出にくい状態にあります。そのため、むし歯が再発しているのに気が付きにくく、重症化することも多いのです。更には細菌が、歯の神経を抜いた後に根管充填材で封鎖した神経の通り道に入り込むこともあり、歯の根の周りが膿んでくることもあります。どんどんむし歯が進行してしまうと、歯の根がむし歯で大きく溶けてしまい、詰め物や被せ物がもうできなくなってしまいます。そうなると、抜歯するしかありません(下図)。

保険外治療にて、どんなに綺麗な詰め物や被せ物の治療をしたとしても、むし歯がすぐに再発してしまったら、また外して治療し直さなければなりません。

むし歯は決して自然治癒はしません。むし歯が再発すれば、再治療しなければ、どんどん進行する一方です。

治療が遅れれば遅れるほどむし歯は進行し、歯がなくなっていきます。むし歯の再発にようやく気づいて治療し直したとしても、歯が薄くなってもろくなってしまったりと、治療後の耐久性が悪くなるのです。最悪は、再治療ができずに抜歯となってしまいます。

再治療を繰り返す事で怖いのが、これらの事なのです。

つなぎ目に段差・隙間のない詰め物・被せ物を

これまで説明してきた通り、詰め物や被せ物の弱点はつなぎ目です。
作り物の境界をつたう様に、むし歯が進行していきます。

むし歯治療は、人の手を入れて必ず治すのですが、フィットの悪い(適合性の悪い)詰め物や被せ物が入ると逆効果になってしまうこともあるのです。

詰め物をしているという事は、それだけ歯がなくなっているということであり、詰め物は神経に近い所に存在しています。

そのため、むし歯が入り込んで詰め物の下で広がっていることが多く、すぐ歯の神経に細菌が感染してしまう可能性が高くなってしまいます。それにより、歯の神経が歯髄炎という炎症を起こしたり、歯の神経が腐敗して根の先に膿を生じさせ、根管治療が必要となってしまいます。

被せ物をしている歯は、更に大きく歯がなくなっていることが多く、特に神経が抜かれている歯は痛みが出ないので、むし歯の再発が重症化しても気がつかないので、入れた土台の下までむし歯が進んでいることがあります。

根管が再汚染されて歯の根の先に膿を生じさせ、最悪はむし歯が進行しすぎて、歯の壁に穴が空いてしまったり、歯の底が抜けたりしてしまうこともあります。

神経を抜いている歯は、むし歯の再発が抜歯に直結してしまう危険があるので、特に注意が必要です。

下の図は、被せ物の精度が根管治療の成功率※にどう影響しているかという研究です。

根管治療が成功したとしても歯と被せ物との間に隙間が開いている(被せ物の精度が悪い)と、その隙間から細菌が歯の中に侵入して根の先に到達し歯の根の周りに膿を作ることも報告されています。

クラウンの精度と根管治療の成功率

被せ物の精度(適合)
(Ray HA.Trope M.Int Endod J;1995 Jan;288(1):12-8)

被せ物の精度(適合)

まず、歯を長持ちさせるためには、治療後にむし歯を再発させないことです。

むし歯が再発してしまっては、その治療そのものが無駄になるどころか、治療する前よりもむし歯が重症化した状態になってしまいます。よって、適合性を高めることが重要なのです。

現在、顕微鏡歯科治療という精度の高い歯科治療があります。

治療後のむし歯の再発を抑えるために、適合が重要であるということを理解していただくのと同時に、適合性の良い詰め物・被せ物をするためには、繋ぎ目が上手くフィットしているかを確認するため、歯を肉眼やルーペより大きく拡大視できる顕微鏡治療が有効であるということを覚えておいていただけたらと思います。

顕微鏡歯科治療では、暗いお口の中を明るく照らし大きく拡大視しながら治療するため「歯と詰め物や被せ物との繋ぎ目」を隙間や段差無くピッタリ合わせて、むし歯菌を溜まりにくくして、むし歯の再発を防いだり、狭く暗い歯の神経の通り道もくっきり見えるので、歯の神経の治療も大幅に成功率を上げることができます。

詰め物や被せ物、歯の神経の治療をされている方は、ぜひ信頼できる顕微鏡歯科医に一度チェックされることをお勧めします。