2021

8/26

むし歯治療を先延ばししない方が良い理由 〜当院の治療の考え方〜

お口の機能は全体が整って初めて正常に機能します

『1本の歯の治療だけではなく、他の歯の治療まで必要なのかな…』と思われるかも知れません。

私たちの歯は、一本一本バラバラに生えていますが、正しい発音や咀嚼のためには、口腔内全体が整って初めてその機能を果たすことができます。

そのため、健全でない歯があると、必要な口腔機能を果たせなくなる可能性があります。

例えば、前歯が抜けてしまうと上手く発音できなくなります。また、食べ物がちゃんと噛みきれなくなったりします。奥歯が抜けてしまえば、食べ物を粉砕できなかったりなど様々な支障をきたしてきます。

このように、お口の機能は全体が整って初めて上手く機能するのです。そのため、患者さんが希望された歯だけを治療して終わりにしてしまうと、残念ながら口腔機能を十分に回復することができないかもしれないのです。ですので、治療した歯が最大限の機能を果たせるよう、他の歯の健康にも気を配る必要があります。


お口の機能を維持するために必要な事

当医院の治療方針は、お口の機能を維持するために、一本一本の歯を大事にするという、しごくシンプルな考え方です。

問題のある歯の治療を先送りすることは、将来的には、抜歯に至る確率を高めてしまい、口腔崩壊に繋がっていくことを看過することに他なりません。
むし歯が進行してむし歯が重症化してしまうと、抜歯しなくて済む歯が抜歯になってしまったり、抜歯を免れたとしても予後が悪かったりということになりかねないのです。

そのため、主訴となった部分の一本の歯だけではなく、他の歯もできるだけチェックするようにしています。

それでは、具体的にどのように口腔機能を高め、維持していくかについて説明していきましょう。

まずは再発しているむし歯を治療し神経を残すようにすること、根の先に膿がある歯は、再根管治療をして膿を治すこと、歯周病が進んできている歯は歯周病治療すること、さらに、歯ぎしりなど、歯にかかる過剰な力から歯を守る必要があります。私たちは、知らず知らずのうちに、歯に負担をかけながら生活しています。重いものを持つときには、奥歯で歯を噛み締めていたり、何かに集中している時や睡眠中、歯を食いしばっていたり、私たちの歯は、24時間・365日、それらの力にさらされているのです。

部分的に歯が抜けてしまい歯が減り始めると、歯にかかる力の分散がされなくなり、残された歯には、更に負担がかかってくるようになります。残された歯には、より多くの負担がかかってしまい、次々に歯が抜歯となり坂道を転げ落ちるようにお口の機能は崩れていきます。

そうならないように、1本でも多くの歯を健全な状態で残し、歯にかかる歯ぎしりの力を分散させて歯根破折や歯周病による抜歯を防いでいかなければならないのです。

当院で行っているお口の機能を維持するための歯科治療

むし歯が再発していても歯科医院でのクリーニングでむし歯の進行が抑えられると思われている方もいるようですが、一度むし歯が再発すると、進行のスピードは差がありますが必ずむし歯は進んでいきます。治療を先延ばししても悪化するだけなので、いくら歯のメンテナンスを継続してもむし歯が改善することはないのです。

むし歯や歯周病予防に大切なのは歯のブラッシング指導やクリーニングだけではありません。私たちが考える予防歯科の基本は、口腔内の健康が維持できやすい環境を治療によりまず構築(段差や隙間のない適合の良い詰め物・被せ物治療)し、その後に、メンテナンスに移行することです。

更に、お口の機能を維持するためには、一本単位の歯科治療ではなく、一口腔単位の治療も重要と当医院では考えています。


正しい予防歯科とは、問題のある歯を治療すること・痛みがなくても要注意

当医院では、治療用顕微鏡とCTを組み合わせ、正しい診断をし、患者さんにもご自身の口腔内の状態をきちんと把握していただくことから始めます。
肉眼では見つけづらいむし歯の再発や、レントゲンでははっきりと確認できない虫歯や根の先にできた膿(根尖病変)をチェックし、精度の高い治療を、適切な時期に行っていきます。口腔内が健全になって初めて、予防に繋がっていくと考えています。
このようなことから、痛み等自覚症状が無くても治療を先送りすることによるデメリットをお伝えし、ご理解して頂いた上で治療を開始します。

人生100年時代、できるだけ健康な口腔状態を保つために、今、できることを先延ばしにせず1本でも多くの歯を残すことを心掛けて日々診療しています。