日本顕微鏡学会認定医顕微鏡歯科|根管治療|東横線・目黒線「武蔵小杉駅」徒歩1分
完全予約制TEL.044-711-8241

役立つ歯のコラム

2018

1/05

痛みのある深いむし歯でも、もしかしたら、歯の神経を残せるかもしれない。

本ブログは、患者様から寄せられたお悩みへの回答を中心に、皆様にぜひ知っていただきたい大切なお話を、できるだけ分かりやすくまとめて記事にしています。

今回は、患者様からのお悩みではなく、よくある歯科治療の現場の問題を例に、特に知っていただきたい事実を説明いたします。

今回のブログは、『歯の神経』を残すメリットと『歯の神経』の保存処置についてです。歯の寿命を延ばすためには、歯の神経を温存することが重要です。しかし、むし歯や歯周病などの原因により、歯の神経を取らざるをえない状況になることは確かです。しかし、歯の神経を残す処置により、神経を残すことが可能になったとしたならば、多くの患者さんの福音となります。そのために、知っておいたほうが良い知識をお伝えしたいと思います。

辛い歯の痛みはどこからくるか?

多くの方が、『歯が痛い』というご経験をお持ちのことと思います。
歯の痛みは、とても辛く、不安な気持ちになることでしょう。痛みがひどいと、夜、痛みで眠れなかったりする場合もあります。そうなれば、翌日の仕事にも響き、生活に支障を及ぼしてしまいます。

むし歯、歯周病、知覚過敏など、歯痛の原因は様々です。
しっかりと精査し、何が原因で起こっている歯痛であるかを診断しなければなりません。ここでは、むし歯による歯痛のケースに絞ってお話ししたいと思います。

むし歯が原因で歯の神経が痛くなってしまっている場合は、一般的には歯の神経を抜く処置をします。
もちろん、できるだけ神経を温存することが大事ですが、炎症が強い場合には、神経を抜かざるを得ません。

ただし、歯の神経を抜いてしまうと、歯の根っこが割れてしまったり、根の先に膿が溜まってしまうなどのトラブルを起こしやすくなり、歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。
また、歯の色が変色して暗くなってしまうケースもあります。
そのため、歯の神経は痛みがあったとしても、可能性があるなら神経を抜かずに残したいところですね。

普段であれば、セカンドオピニオンで、一人の歯科医師の診断だけではなく、別の歯科医師の診断も仰ぎたいところですが、歯の痛みが辛い場合は、なかなかセカンドオピニオンもままならない場合もあると思います。
なので、我慢できないほどの痛みになってしまう前に、可能なら早く、歯医者さんに行って診てもらう事をお勧めします。

神経を残すか、神経を抜くかの大きな分かれ道

基本的に歯の痛みがある場合は、歯の神経を取る治療(抜髄)になってしまうことが多いのが現状です。

ただし、比較的痛みが弱いケースの場合は、いきなり神経を取らずに神経を残すことをトライする方がよい場合があります。

神経のダメージが少なければ、感染している細菌を除去する歯の神経の保存治療によって、神経の炎症が消えて元の状態に戻るかもしれないからです。そうすれば、痛みもなくなり、神経を生かしたまま被せ物ができます。

では、歯の神経を残す治療について簡単に説明したいと思います。

具体的には、ラバーダム防湿により感染しにくい環境を作り、その上で歯科用顕微鏡下でむし歯を完全に除去し感染をとる方法です。

  • まずは歯の神経の近くのむし歯だけ残して、その外側のむし歯を完全に削り取り、ラバーダム防湿のための隔壁を作製します。ラバーダム防湿は非常に重要で、むし歯を完全に削り取って神経が露出した場合、唾液からの更なる細菌感染を防ぎ、殺菌消毒をするのに適切な薬剤を使うことにより処置を確実なものにし、治療の成功率を上げることができるからです。
    治療しながら唾液から感染してしまっては本末転倒ですし、また殺菌消毒に使う薬剤が、むし歯の穴から歯肉に流れると、歯肉によくないからです。よって、ラバーダム防湿法で唾液からの感染と歯肉に薬剤が漏れるのを防ぐのです。
  • 次に、ラバーダム防湿を施したのち、神経の近くの残ったむし歯を、むし歯の染め出し液で何回も染め、顕微鏡下で患部を拡大視し、取り残しのないよう何度も確認しながら、完全にむし歯を除去します。
    お口の中は暗く見にくいです。更に歯は小さく、顕微鏡で患部を明るく照らし、大きく拡大視して、むし歯の除去を確実にします。むし歯が残っていては、そこから再度細菌感染し、神経を残す治療の成功率が下がるからです。
  • むし歯を完全に削りとると、神経が露出してくることも多いので、露出部を閉鎖するのに最も適していると言われるMTAセメントで閉鎖します。その後、痛みもなく経過が良ければ、神経を残したまま詰め物や被せ物をすることになります。
  • 閉鎖部に細菌が感染しないよう、更に、MTAセメントの上にコンポジットレジン充填をし、必要によって仮歯を被せ、最初の痛みが消失するかどうか、そして、その状態が持続するか様子をみます。コンポジットレジン充填も、感染させないようラバーダム防湿下で行います。
  • 数ヶ月間経過を観た後、症状が安定していれば、最終的な被せ物をします。処置後の良好な状態を長く維持するためには、被せ物も、再感染させないよう、適合の良い精度の高い被せ物が必要です。

要は、歯の痛みは、むし歯の穴から細菌が歯の神経に侵入して起こります。
徹底的にむし歯を除去し細菌感染を無くせば、神経は自分の力で正常な状態に戻っていくという事です。

『神経をとるしかない』と言われた場合でも、ケースによっては、このような治療が適応になる場合があります。これらの処置を確実に行うためには、十分な治療時間が必要であるということもご理解いただけると思います。

まとめ

歯科用CTによる診断と治療用顕微鏡による確実なむし歯の除去、ラバーダム防湿法、歯の神経の露出部の確実な閉鎖によって、歯の神経の保存の成功率を上げることができます。そこには、高い治療技術と十分な治療時間が必要であるということも付け加えておきたいと思います。

歯の神経を取ると、それがきっかけでトラブルを起こしたり、最悪の場合には、抜歯の転機になってしまうこともあるのです。神経を取らなければインプラントや義歯にせずに済んだかもしれません。

歯の神経を残すことができれば、神経を取ることによるトラブルを起こしにくくなり、歯の寿命を延ばすことができる訳です。

むし歯で痛みを起こした時、もしかしたら顕微鏡歯科治療により歯の神経を残せるかもしれないこと言う事を覚えておいていただけたらと思います。